2019年7月13日 (土)

大江戸味ごよみ 7月13(土)は本田(ほんでん)うり

筑摩書房刊の日めくりカレンダー『大江戸味ごよみ2019』に、伝統野菜プロジェクトとして書いたコラム。7月13日(土)のテーマは「本田うり」です。

190713

続きを読む "大江戸味ごよみ 7月13(土)は本田(ほんでん)うり"

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

大江戸味ごよみ 7月2日(火)まくわうり

筑摩書房刊の日めくりカレンダー『大江戸味ごよみ2019』に、伝統野菜プロジェクトとして書いたコラム。7月2日(火)のテーマは「まくわうり」です。
190702_20190630214401

続きを読む "大江戸味ごよみ 7月2日(火)まくわうり"

| | コメント (0)

2019年6月28日 (金)

宴の野菜度 押上「よしかつ」

1906260411

  • おいしいものを食べる会
  • 参加費:4,500円
  • 野菜度:★★★★☆ ※ちょっとオマケして

◇何年もいっしょに仕事をした仲間と、久しぶりの集まり。
◇江戸東京野菜の料理を食べたい、という希望が出て、押上「よしかつ」に集まりました。
◇店主の佐藤さんが、一皿ごとに使われている食材を紹介してくれます。それが、ほかにないエンタテイメントになる(って私だけ?)ところがスゴい。

続きを読む "宴の野菜度 押上「よしかつ」"

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

大江戸味ごよみ 6月17(月)寺島なす

筑摩書房刊の日めくりカレンダー『大江戸味ごよみ2019』に、伝統野菜プロジェクトとして書いたコラム。6月17日(月)のテーマは「寺島なす」です。

190617

寺島とはいまの墨田区東向島。かつてこの周辺では、「他の産に比すれば最も早し」と初物好きの江戸っ子に喜ばれた「寺島なす(品種は‘蔓細千成’)」が作られていた。江戸東京・伝統野菜研究会代表の大竹道茂氏は、その種をつくばのジーンバンクから取りよせ、第一寺島小学校に食農教育としての栽培をはたらきかけて、2009年に復活させた。

続きを読む "大江戸味ごよみ 6月17(月)寺島なす"

| | コメント (0)

2019年5月25日 (土)

宴の野菜度 麻布十番「更科堀井」

9701_1

・お蕎麦と江戸東京野菜を食べよう!
・5,500円+お酒はキャッシュオンデリバリー
・野菜度★★★☆☆

◇江戸ソバリエ協会と江戸東京野菜コンシェルジュ協会共催、季節ごとに「更科蕎麦と江戸東京野菜を味わう」催しの春の会に参加しました。今回のハイライト野菜は、江戸東京野菜の「つまもの」の一つ、「あゆたで」です。

▲写真は当日使われた江戸東京野菜。左から「あしたば」、その下方に「あゆたで」、その右のビンに入っているのは「谷中しょうが」を使った「ジンジャーシロップ」、その下は「川口えんどう」、右は「東京うど」、最後は「志村みのわせ大根」

続きを読む "宴の野菜度 麻布十番「更科堀井」"

| | コメント (0)

2019年5月22日 (水)

大江戸味ごよみ 5月22日(水) 江戸のきゅうり

筑摩書房刊の日めくりカレンダー『大江戸味ごよみ2019』に、伝統野菜プロジェクトとして書いたコラム。5月22日(水)のテーマは「江戸のきゅうりは半分白い」です。

190522_s

きゅうりが江戸に入ったのは江戸時代後半。西日本から導入されて、渡船場の砂村(江東区)で栽培が始まった。明治以降に、ここから品川方面へ、さらに大田区の南北馬込地域に広がって、明治33年(1900)頃「馬込半白節成きゅうり」誕生。いま、食べ方は漬けものからサラダに移り、濃緑色のタイプが出廻っているが、馬込半白は「江戸東京野菜」として復活している。

続きを読む "大江戸味ごよみ 5月22日(水) 江戸のきゅうり"

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

大江戸味ごよみ 5月3日(金・祝) きゅうりと葵の御紋

 筑摩書房刊の日めくりカレンダー『大江戸味ごよみ2019』に、伝統野菜プロジェクトとして書いたコラム。5月3日(金・祝)のテーマは「きゅうりと葵の御紋」です。

190503_s  

きゅうりを輪切りにすると、徳川家の家紋、葵の御紋に似ている、食べるのは不敬である。というので、輪切りは慎まれたとか、武士はきゅうりを食べなかったとか…。輪切りの断面が紋を思わせるということは、京都八坂神社や、博多祇園山笠の祭神(素戔嗚尊)の神紋についてもいわれ、いまも祭りの期間中、きゅうり断ちする人がいる。

 

続きを読む "大江戸味ごよみ 5月3日(金・祝) きゅうりと葵の御紋"

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

ランチの野菜度 「春の鶴岡を味わう会」

Sansai_9402

  • 山形の山菜づくし
  • 参加費:4,500円
  • 野菜度:★★★★☆

◇【伝統野菜プロジェクト】の春のセミナー「タネと人との素敵な関係」でお世話になった、山形「山菜屋」の遠藤初子さんからお誘いがあり、チームメンバーがランチに参加しました。
◇春の山菜づくしのランチ。定番のてんぷらがおいしいのはもちろんですが、ディップやアクアパッツァになったり、アボカドに入ったグラタンになったり、面白いお料理のあれこれを楽しみました。
▲写真は「赤こごみ」「あまどころ」など当日販売された山菜。

続きを読む "ランチの野菜度 「春の鶴岡を味わう会」"

| | コメント (0)

2019年3月19日 (火)

大江戸味ごよみ 3月19日(火) 目黒のたけのこ

筑摩書房刊の日めくりカレンダー『大江戸味ごよみ2019』に、伝統野菜プロジェクトとしてコラムを書きました。3月19日は「目黒のたけのこ」です。
190319_s
もともと江戸には細い真竹しかなかった。孟宗竹は、宝暦年間(1751~1769)に薩摩藩から将軍家への献上品として初めて江戸に登場したという。その後、薩摩藩邸に出入りしていた回船問屋・山路治郎兵衛勝孝が、別荘のある戸越村(品川区)で孟宗竹の栽培を始め、碑文谷村、衾村(いずれも目黒区)へ広まっていく。「目黒のたけのこ」は、江戸から明治にかけて評判だった。

続きを読む "大江戸味ごよみ 3月19日(火) 目黒のたけのこ"

| | コメント (0)

2019年3月10日 (日)

大江戸味ごよみ 3月10日(日) 亀戸だいこん

筑摩書房刊の日めくりカレンダー『大江戸味ごよみ2019』に、伝統野菜プロジェクトとしてコラムを書きました。本日、3月10日(日)のテーマは「亀戸大根」。亀戸大根にとっては、一年に一度のお祭りが開かれます。

190310_s

亀戸大根は長さ30~40cmほど、すらりとした真っ白な身に白い茎、江戸っ子好みの粋な姿が特徴だ。幕末から昭和にかけて亀戸で栽培されていたが、宅地化に伴って産地が北上し、現在は葛飾区高砂地区でわずかに作られているのみ。きめ細かい根とやわらかい葉を使う浅漬けが美味。亀戸の香取神社では、3月に亀戸大根を奉納する「福分けまつり」が開かれる。

続きを読む "大江戸味ごよみ 3月10日(日) 亀戸だいこん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧