2016年7月21日 (木)

ニースのかぼちゃ またの名 クルジェット

2_2

高梨農場の直売所にありました。「ニースのかぼちゃ」という名前ですが、これは完熟のかぼちゃではなく、未熟果。「クルジェット」ともいうそうです。612グラム。

続きを読む "ニースのかぼちゃ またの名 クルジェット"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

湘南ポモロン

4_3

神奈川県で誕生した野菜はいろいろあります。よこはま青果塾の藤岡輝好委員長からよくいただくので、私は県外の人間としては知っているほうかもしれません。地理的に近いし、親近感もあります。

続きを読む "湘南ポモロン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月18日 (水)

野菜の学校(11)内藤とうがらし

1_2

江戸東京野菜には、「内藤」がついた名前をもつ野菜が2つあります。「内藤とうがらし」と「内藤かぼちゃ」。どちらも、栽培の起源は江戸時代にさかのぼります。

続きを読む "野菜の学校(11)内藤とうがらし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月11日 (水)

野菜の学校(4) 内藤かぼちゃ

2_2

11月の[野菜の学校]は江戸東京野菜コンシェルジュ協会理事の上原恭子さんが講師として登場。理事としての活動のなかで、江戸東京野菜を材料として作っているお料理の数々を紹介してくれました。

続きを読む "野菜の学校(4) 内藤かぼちゃ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

野菜の学校(7) 茂倉(もぐら)うり

1

「茂倉うり」と書いて「もぐらうり」と読みます。「もぐらうり」と聞くと一瞬「ん?土竜うり??」と思ってしまいますが、茂倉というのは、南アルプスのふもとに位置する集落の名前。「茂倉うり」は、早川町茂倉地区に100年以上前から伝わる、在来種のきゅうりです。

続きを読む "野菜の学校(7) 茂倉(もぐら)うり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月18日 (金)

野菜の学校(11) 甘長とうがらしの食べくらべ

1

2

[野菜の学校]9月のテーマは鳥取の伝統野菜・地方野菜です。食べくらべは「三宝甘長とうがらし」を中心に甘長を2種類、「伏見とうがらし」と「万願寺とうがらし」をくらべました。

 

続きを読む "野菜の学校(11) 甘長とうがらしの食べくらべ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月 8日 (火)

野菜の学校(3) 三宝甘長とうがらし

2_2

講座「日本の伝統野菜・地方野菜」9月は、鳥取県がテーマ、メインの野菜は「三宝甘長とうがらし」です。お話をしてくださったのは、かつて消滅の危機にひんした「三宝甘長とうがらし」の復活プロジェクトに取り組んだ小林弘昌先生。

続きを読む "野菜の学校(3) 三宝甘長とうがらし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

湯浅なすと金山寺みそ

1_6

丸なすがあるとチンして食べているこの頃。「湯浅なす」も、皮をむいて半分にカットし、ふんわりとラップをかけて、6~7分。
いつもは辛子じょうゆでいただくのですが、そうだ、金山寺みそはどうだろうと思い、和歌山で買ってきた「具だくさん」を添えてみました。「具たくさん」の中にも、もちろん「湯浅なす」が入っています。
 

続きを読む "湯浅なすと金山寺みそ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

野菜の学校(12) 桐岡なすの食べくらべ

8月の[野菜の学校]は佐賀の伝統野菜・地方野菜がテーマ。食べくらべは、多久市でつくられている「桐岡なす」を中心に、熊本の「ひごむらさき」と、もっとも一般的な「千両2号」を、「焼き」と「蒸し」で。

1
△左から「桐岡なす(佐賀)」、「ひごむらさき(熊本)」、「千両2号(埼玉)」

2
△焼き

3
△蒸し

 

続きを読む "野菜の学校(12) 桐岡なすの食べくらべ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月10日 (月)

野菜の学校(6) もちとうきび

1_13

8月の[野菜の学校]は佐賀の伝統野菜がテーマでした。

取材に行くと、プランに入ってなかった魅力的な作物に出合うことがあります。多久市の直売所で、舩山真由美さんに紹介された「もちとうきび」もそのひとつ。

続きを読む "野菜の学校(6) もちとうきび"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧