2017年2月 8日 (水)

ねぎフォーラム

1_2

NPO野菜と文化のフォーラム主催「ねぎフォーラム」に参加しました。3つの講演のほか、各種苗会社が出品したねぎの食べくらべがありました。
最初の講演は「ネギ栽培の歴史及び品種・作型の分化について」。講師は農研機構の若生忠幸さんです。
 

続きを読む "ねぎフォーラム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

果樹楽園 うばふところ

1971

山形県上山市で開かれた今年の「西洋なしフォーラム」。1日めは、シンポジウムと試食など青山でのプログラムと同じでしたが、2日目は今回のハイライト、ワイナリーと果樹園見学です。「ウッディファーム」と、憧れの「果樹楽園うばふところ」を見ることができました。

続きを読む "果樹楽園 うばふところ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

リーガル・レッド・コミス

1719

山形県上山市で開かれた「西洋なしフォーラム」で、「リーガル・レッド・コミス」という赤い西洋なしが紹介されました。果皮の赤い品種は希少価値が高く、注目の的とか。お話は、リーガル・レッド・コミスを栽培している佐藤和美さん。

続きを読む "リーガル・レッド・コミス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月30日 (金)

西洋なしフォーラム「ジェイドスイート」

1757

今年の西洋なしフォーラムは、山形県上山市で開かれました。プログラムは、[講演]、[西洋なし試食]、[西洋なしトピックス]の3つ。

1708

毎回たくさんの品種を味見できる[西洋なし試食]のテーブルには、33種類(アンケート評価対象)が並びました。夏の終わりから冬まである本来の収穫適期を、なんとかこのフォーラムの時期に合わせて調整し、出してくださる生産農家の技術と努力はたいへんなものです。

続きを読む "西洋なしフォーラム「ジェイドスイート」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月29日 (木)

西洋なしフォーラム-展示3

1838_2

山形県農業研究総合センター園芸試験場の西洋なし展示は全部で39品種ありました。
 

続きを読む "西洋なしフォーラム-展示3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

西洋なしフォーラム-展示2

1835

山形県農業研究総合センター園芸試験場による、西洋なしの展示の続き。それにしても、いろいろな名前がついています。一つ一つに物語がありそうです。

続きを読む "西洋なしフォーラム-展示2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月17日 (土)

幻のじゃがいもがやってくる! 在来じゃがいもフェスタ

1_2
△静岡「井川おらんど」を作っている小河内地区
 
伝統野菜を学ぶ、食べる、楽しむ、つなぐ【伝統野菜プロジェクト】の第1回勉強会。「幻の在来じゃがいも」をテーマに、10月29日(土)、いつもの秋葉原の会議室で開きます。
 
私たちがふだん食べている「男爵いも」や「メークイン」などは、明治以降に導入されたじゃがいも。一方、江戸時代にやってきて、今も各地の山深い急斜面でわずかに作られ、物語とともに伝わっているじゃがいもがあります。今回は、「今まで残っていることが奇跡に近い」じゃがいもたちをそろえ、専門家のお話、食べくらべ、試食など盛りだくさんの内容で開催します。ぜひご参加ください。
 

続きを読む "幻のじゃがいもがやってくる! 在来じゃがいもフェスタ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

ベビーパーシモン-第13回フルーツセミナー

1_4

果樹研究所の第13回フルーツセミナーに参加しました。午後からの第2部は「加工・業務用国産フルーツ」がテーマ。いくつもの展示とプレゼンテーション、そして試食が提供されました。そのなかで、かたちの面白さで目をひいたのが「ベビーパーシモン」、小さな柿です。

続きを読む "ベビーパーシモン-第13回フルーツセミナー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

サワールージュ-第13回フルーツセミナー

1_2

果樹研究所の第13回フルーツセミナー、第2部のテーマは「加工・業務用国産フルーツ」でした。クッキングアップルとして登場した「サワールージュ」は、名前の通り、酸味が特徴だそうです。

続きを読む "サワールージュ-第13回フルーツセミナー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

紅いわて-第13回フルーツセミナー

1

果樹研究所の第13回フルーツセミナーに参加しました。
日本で流通しているフルーツは、4割が国産、6割が輸入だそうです。国産のうちわけは生果が9割、加工は1割。加工は低価格でないと成立しませんから、1割という数字は、当然なのかもしれません。そんな加工品の状況を踏まえつつ、第2部のテーマは「加工・業務用国産フルーツ」でした。
 
「紅いわて」は、赤い色が鮮烈なりんご。なぜ「加工用」として登場したのかしら、と思ったら、皮をむいたときに褐変が、他の品種よりも少なく、カットフルーツなどにも向くとのことです。

続きを読む "紅いわて-第13回フルーツセミナー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧